背伸び

子供の頃、僕は身長が低かった。

そこで少しだけ背伸びをしてみた。
世界が少しだけ広がった気がした。

やがて疲れて背伸びをやめた。
一度広がった世界は狭まることはなかった。

それから数年、あの頃に背伸びをしたときと同じ身長になった。
だけど僕の世界はちっとも広がっていないことに気づいた。

やがて広がる世界なら、焦る必要はない。
長い人生、急いでも疲れるだけだ。

by kamaboko | 2013-12-03 00:04:10 | Comments(0)

この記事へのコメント

Name
URL